商品のご紹介
会社概要
通信販売
お知らせ掲示板
会員様の声
Q&A
お問い合せフォーム
リンク
メールマガジン購読登録
定期購入会員のご案内
トップに戻る
 
商品のご紹介

丈夫卵 有機農法お米 農作物全般
  ズッキーニの根が立派に張っています  2011/04/25 (Mon)

月のリズムに合わせて鶏の健康管理や種蒔きを行っていると書きましたが、今月の18日の満月の日に野菜の種蒔きをしました。写真はズッキーニの苗ですが上根がまるで何かを掴もうともの凄い勢いで張っているのが分かります。

苗の管理に気を付けながらも、生長を日々楽しみにしながら作業をしています。
  味噌造りを行いました  2011/04/22 (Fri)

2日ほど寝かせた米麹を取り出した後、青大豆、塩を混ぜて機械で練り合わせて行きます。その後、木樽に保存します。

お米は無農薬紅カブトエビ米、青大豆は栃木県地方で昭和初期から栽培されて来た青大豆で、味噌用として栽培して来たものです。塩は弊社オリジナルの細胞の記憶を使用しています。

通常、味噌造りには塩が12%ほど必要とされていますが、私達が造る味噌造りに必要な塩の量は全体の8%と少ない量で出来、味噌汁として飲むと優しい味わいが広がります。弊社お勧めの商品です。
  味噌造りを行いました  2011/04/21 (The)

毎年3月に味噌造りをしています。まず麹造りから。お米を釜で蒸かした後に解していき、熱が冷めた後に種麹菌と混ぜ合わせていきます。その後に2日程寝かせ麹菌の発酵を待つのですが、きちんとした管理機が無い為、昔使っていた育苗機の中に入れて行きます。麹菌は40℃以上になると別の菌に変化してしまう為、まめに麹の温度を調べ、調整していかなければなりません。深夜に温度を調べたりと大変なのですが、期間限定の作業でもあるので楽しみながら麹の発酵を観察しています。
  満月の日と鶏  2011/04/20 (Wed)

新月から満月にかけては生命波でもある赤外線領域がおおきくなり、食欲も増し産卵も増え、腸内も周りの環境も微生物が増え、生命活動が活発になってきますが、ちょっとしたリズムの変化や、環境悪化の条件が重なると大腸菌が増え病気になりがちになり、その状態をほっておきますと次の満月にはとり返しがつかない程の病気になってしまいます。そこで満月の日にウコンを与えます。ウコンには消化系・肝臓系の改善の効果がある為、調子が悪い鶏が食べられる様にしています。写真にある黄色い部分がそうです。

また満月の日にかけて種蒔きも行っています。
  自然農法が未来を開く  2004/10/13 (Wed)

植物の生理に合った環境をつくる。それは森の環境に限りなく近づけることでもあります。例えば、トマトはどういう生き方をしたいのか、原産国アンデスの記憶に少しづつ近づけてあげる。一生懸命トマトの身になって動いてみることです。野菜が自分の力で勝手に育つような環境や土をいかにつくってやるかがテーマです。会員のみなさんの長年にわたる暖かい支援があってはじめて、私たちは卵や野菜を作りつづけることができます。この幸せな人間関係を大切にしていきたいと思います。

/ 1 / 2 /


l 商品のご紹介  l 会社概要  l 通信販売  l お知らせ掲示板  l 会員様の声  l Q&A l
l お問い合せフォーム  l リンク  l メールマガジン購読登録  l 定期購入会員のご案内  l トップに戻る  l